「倚松帖」とは、我が家の幕末のころの当主が書き留めた、覚え書き帳の題名であり、ブログのタイトルに拝借した。

覚え書きといっても、当座の小さい帳面ではなく、菊判サイズの厚めの良質の紙を二十葉ほど綴ぢて、丁寧に清書されたもので、手習ひの教本のような体裁になってゐる。

内容は、江戸時代の御触書などのうち家訓とすべき内容のものや、詩歌などのが、書き写されてゐる。家督を譲ったあとの晩年、明治初年ごろのものと思はれる。

 

詩歌の写しの冒頭は、『和漢朗詠集』の一節「子日付若菜」であった。

 

倚松樹以摩腰。習風霜之難犯也。
(松樹に倚り、以て腰を摩で、風霜の犯し難きを習ふ)
和菜羹而啜口。期気味之克調也。
(菜羹を和して口に啜り、気味の克く調はんことを期す 雲林院行幸 菅原道真)

 

子日(ねのひ)する野辺にこまつのなかりせばちよのためしになにをひかまし(壬生忠岑 拾遺集)
    (以上、和漢朗詠集〜子日付若菜より)

 

正月の子の日に、野辺に出て、若菜を摘み、小さい松を引くといふ、子の日の遊。
小松に触れて、長い年月に思ひを寄せ、長寿を祝ひ、正月の七草粥をすする。
小松引きとは、自然に芽生へた小さい松を、引き抜いて持ち帰り、自宅に植ゑることであり、正月の門松をそのようにしつらへた地方もあったとのことである。
次代の繁栄を祈ってのものであらう。

英語で言へば、wish you ... となる。


関連する記事
コメント
コメントする








   

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM